2016/4/7

[No.014]ダイエット

【ダイエット】

 冬の寒さがようやく和らぎ、花々が咲き誇る季節がやってきました。服装が分厚いコートから薄手の装いになると、気になってくる体のライン。見て見ぬふりをしがちですが、今年こそはきちんと向き合ってスッキリ健康な体を目指してみませんか。

 冬場は寒さのせいもあり、“動き”が少なくなり運動量が減ってしまいます。そうすると消費するカロリーが減って、太ってしまうと考えがちですが、人は全く動かない状態でも、心臓を動かしたり呼吸をしたり“生きていることを維持するため”にある程度のエネルギーが消費されています。そのエネルギーを「基礎代謝」といい、実は1日の活動の中で消費するエネルギーの7割以上を占めています。つまり基礎代謝が高いと、消費するエネルギー量が多くなり、太りにくい体であるといえます。基礎代謝は、男女とも10代がピークとなり年齢と共に少なくなっていきます。そのため生活習慣や食事量が変わらなくとも、体重が増えてしまうのです。
 
 基礎代謝は、以下のような毎日の習慣で上げることができます。基礎代謝を上げることで、いつでも太りにくい体を手に入れましょう。

○こまめに体を動かす
数階の移動であれば積極的に階段を使い、バスや電車の中では席に座らず立つようにする。

○手軽な筋力アップを習慣にする
お風呂上がりや寝る前のほんの10分だけでも、ストレッチや腹筋運動などを続けてみる。

○食生活を見直す
・タンパク質:肉類、魚介類、卵、豆製品など筋肉をつくる材料になる(高齢者の中には食事量が減って不足することがある)
・アミノ酸(アルギニン):ゴマ、ナッツ類、玄米、大豆など筋肉量を増やす働きのある成長ホルモンの分泌を促す
・ビタミンB群:豚肉、レバー、納豆、うなぎ、牛乳など食事で摂った栄養素をエネルギーとして利用しやすくする