若甦ができるまで

若甦を開発・製造する日東薬品工業株式会社は、綾部工場、長田野工場の2つの拠点を持ち、主力の内服液剤やシロップ剤、錠剤や顆粒剤、乳酸菌製剤を製造しております。それらの多彩な製品のすべてに貫かれているのが「品質」に対する徹底的なこだわりです。製造ラインはもちろん、すべてのプロセスで、徹底した品質管理が行われています。
「品質」をつくり込むのは、優れた環境の工場とそこに設置された先進的な機器、そしてスタッフ一人ひとりの熱意です。それは、全員が人々の健康と幸せを守る使命を自覚し、誠実に仕事をすることによって達成されます。
決して大企業ではありませんが、それだけに隅々まで品質重視の思想がいきわたるのです。
「夢とロマンに燃えて」この社是は、まさにこの私たちの想いを表現するものです。

長田野工場

長田野工場は、この「若甦」を代表とする内服液剤などの液剤を製造する拠点です。
30mLの液剤専用の「第一ライン」や10〜100mL兼用の「第二ライン」等を整備しています。
医薬品を衛生的に製造するためには、なるべく人の手を経ないことが重要です。
長田野工場では、この観点から、ラインの自動化・省人化を徹底して推進しています。 こうした整った環境から、日東薬品工業の製品が生まれています。人々の健康をつくる医薬品の製造には、万に一つのミスも許されない厳密さが要求されます。国の定めた基準より、さらに厳しい基準で品質管理を行っているのはいうまでもありません。
長田野工場をはじめ、各工場ではより多くの人に信頼され、愛される製品づくりのため、QC活動を含めたさまざまな取り組みを通じて、仕事の質の向上を図っています。

液剤の製造風景

綾部工場

私たち日東薬品工業のいちばん新しい製造拠点が綾部工場です。
なだらかな稜線、豊かな緑、季節の花々が咲き誇る中に先進の工場を配置した、美しい自然公園のような綾部工業団地。平成7年10月、この地に誕生した綾部工場は、約30,000㎡の敷地に広がる、真白い壁と三角屋根、コテージ風の外観。人の健康に関わる医薬品を提供するにふさわしい、ゆとりとやすらぎが息づいています。
また、綾部工場は医薬品の安全性と有効性を品質面で保証する基本条件のGMPはもちろん、平成8年4月から適用されたバリデーションにも対応できるように工程のすべてを設計しています。こうした環境の中で生みだされている製品は、錠剤や顆粒剤、カプセル剤などの内服固形剤です。
豊かな自然とやすらぎの中で、最新の技術と徹底したクオリティを追求する──これが、日東薬品工業の基本姿勢です。この綾部工場は、それが最も端的に現われた姿といえるでしょう。

固形剤の製造風景